ミイの介5回忌。いい猫でした。

Dscf0053

1996,10,10生まれ、♂のチャトラ、6㎏の元気なイケニャンでした。

 Cimg4705_2thumb カツオが大好きで、ミイ父ちゃんの盛り付けは、いつもお手伝い志願。

うっかりすると、まな板の端っこから、カツオ一切れを、ススス~とちょろまかそうとしたり。

Cimg5934thumb 身長もあるし、いたずらっ子だったね~。

Cimg5452thumb 家の前の公園は、ミイの介のテリトリー。

通学の小学生にも、人気者で尻尾をピンと立てて悠々と歩いたり、ごろニャンした炉。

Cimg4767thumb

冬の積雪もなんのその!足が埋まる深さの積雪を歩くのだった。

Cimg4762thumb

東北の猫は、強いよ~!

公園の木で爪とぎとぎ、僕の木で~す。

Cimg4765thumb

雪で手が冷たいので、片手あげで、日光浴中のミイちゃん。

Cimg5647thumb

夏は、抜け毛を掃除機かけさせてくれた、のほほんなミイちゃん。

普通のにゃんは、掃除機が嫌いです。

Cimg5977thumb

人懐っこい、ちょっとのほほんな、イケニャン、ミイの介、2015、8月に星になりました。

18歳と10ヶ月、ひとなら90歳代かな・・

良い猫でした(泣)

今日は、カツオ祭りだよ~。献杯もするよ~。

Img011thumb

ミイの介の写真は、すでに新しくなったPCにデータなく、

デジカメも3代目でSDカードにミイちゃん写真データなく、あきらめていました。

が、ブログの作成画面の右上のマイフォト>画像保存>画像の挿入、できました!!

2枚目以降の小さい写真は、マイフォトからのアップっ写真。

昔のブログアップの写真は、マイフォトに残っているんですね(*´▽`*)

皆様にご一報でした。

 

| | コメント (2)

2019年8月11日 (日)

今年も作った、赤しそジュース。

Dscn4836

真夏の時期に、畑でわんさか生い茂っているのが、赤しそ軍団!

ミイかあさんの赤しそジュースは、ひそかに人気で、ご近所さんから赤しそを大束で頂いた。

台所で汗流して、作りましたよ、赤しそジュース。

お礼に、赤しそジュースを、差し上げるギブアンドテイクな関係だよ。

赤しそジュースの作り方

赤しそ 300g

水   2L

砂糖 450~500g

クエン酸  25g (りんご酢なら150cc~200cc)

Dscn4827-1

①赤しそを、計る。洗う。水を切る。

Dscn4829-1

②沸騰したお湯に、赤しそ入れて、中火で15分煮る。

 箸で、赤しそを押し込みながら。

Dscn4831-1

③煮あがった赤しそを、取り出す。

 ざるに乗せ、滴り落ちる煮汁は、鍋に戻す。

Dscn4832-1

④砂糖を加える。

⑤クエン酸か、酢を加える。

 あっという間に、ルビーレッドに変わって、化学実験みたいよ♪

Dscn4833-1

⑥キッチンペーパーしいた漏斗でこす。

 ビンは、事前に熱湯でゆすいで、乾燥させておく。

Dscn4834-1

出来上がり!

水2リッターで仕上がりは、ワインボトル約3本。

氷や、炭酸で割って飲むと、すっきり、さわやかで美味しい!

クエン酸が入っているので、夏の疲労回復バッチリ!

一説にはストレス解消にも効果的とのことよ。

一回にこの工程を2回戦、赤しそジュースボトルが、7~8本作れる。

我が家のレンタル畑の赤しそも収穫予定。

ひと夏に3回くらいは、作ることになりそうな~冷や汗。

ワインボトルが足りないな~♪

まずは、空のワインボトルをつっくらなくっちゃ~♪(^_-)-☆

 

| | コメント (8)

2019年8月 6日 (火)

ひまわり祭り。

Dscn4935

お盆帰省の前倒しで、息子とお嫁さんが、我が家に来ました。

夏の暑い中、ひまわり祭りに行ってきました。

入園無料も、うれしい!

Dscn4947

防風ネットで遮られて、道路から見えなかったが、

園内に入り、おもわずみんなで、おお~と歓声あげるほどの見事さ。

8ヘクタールの広大な敷地に、ひまわりが咲いてる咲いてる咲いてる!

ひまわりはみんな、東を向いていて、向日葵、漢字がぴったり!

Dscn4940

背丈は1mくらいの小柄なひまわりで、かわいらしさが倍増でした。

ヒマワリは、笑顔の顔に見えて、どの花もにっこりしているみたい。

Dscn4938_li

(↑は2週間のみ掲載)

真夏によく似合うひまわり、見ているだけで明るい気持ちになるね。

そして、若いっていいな~と、明るい気持ちになるね。

 

やまもとひまわり祭りは、第2回とのことで、畑の地力をあげるためとの事。

東日本大震災で、津波被害が大きかったこの地区、

廻りの田んぼも稲がたわわで緑色で、

ヒマワリ畑は元気な黄色一色で、

よくここまで復旧したな~と、感動でした。

土日だけの瞬間帰省で、あっという間に息子夫婦は、関東に帰りました。

新婚夫婦の仲の良さを、シニア夫婦も見習わなくちゃ~(笑)

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年8月 1日 (木)

南郷サマージャズ、今年も行ったよ。

47fee2765bfe2cfed48c26667b59e61b 

今年も、南郷サマーJAZフェスティバル、行ってきました!

ミイ父ちゃんと交代で運転し、車で約4時間半。

八戸市南郷区のカッコーの森屋外ステージでのJazzフェスはことしで、なんと30回目。

13:00のオープニングは地元の小学校、中学校のジャズクラブの可愛い皆さん、

一生懸命さが、可愛い。

さらに社会人のジャズグループと、青森はジャズ熱が熱い!

15:00オバタラセグンド、日本人グループ、軽快でアップテンポで楽しい。

16:00伊藤君子さんの、(津軽弁ジャズ)は、とっても親しみがわき津軽弁って、いいなぁ~と。

     美空ひばりさんのうたは、しみじみと歌詞がしみわたって、とっても感動でした。

17:00デヴィッドマシューズ、日本語を上手に話し、ピアノが深い味わい。

19:00な んといっても、渡辺貞夫クインテットの演奏は、さすがでした!

演奏だけじゃなくて、穏やかにみんなをまとめる雰囲気も伝わり、人柄も感じられました。

これだけの素晴らしい出演グループで、7時間も楽しめて、5000円!安い。

(でも値上げしないでね)

 「南郷ジャズフェ...」の画像検索結果

  *写真、録音は一切禁止だったので、検索画像コピーを貼付けで失礼します。*

12:00会場の20:30まで、それぞれのグループの演奏を楽しみました。

地元の美味しい屋台村もあり、ぶっかけそばや、手羽先食べながら、ビールもいただきました🎶
私たちは、南郷ジャズ、30回ちゅう19回の参加率、これからも駆け付けます。

炎天下から、星空の下での個性的なステージは、今年も盛り上がって終わりました。
あ~今年の夏は、おわったぁ・・と。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年7月25日 (木)

ニッコウキスゲ群生!秋田駒ケ岳。

  Dscn4871

7/21日、秋田駒ケ岳1637mへ。

日本中、梅雨のさなかのドンより季節に、トンネルを抜けると、なんと青空の秋田県だった。

花の百名山で人気の秋田駒、入山規制で、シャトルバスに乗り換えて8合目まで。

10時スタートで片倉岳展望台を過ぎて、ゆっくり登った。

今回のメンバーは中学校友達の総勢5人。

岩手なまりもでて、あだ名も出るし、懐かしい楽しい(^^♪

登山道を曲がったとたん、目の前に広がるニッコウキスゲの群生!

Dscn4866

右も左も、ニッコウキスゲ!

しかも、良い時期で、満開!

Dscn4870

咲きみだれるニッコウキスゲ、感動でした!

とてもベストな時期で、晴天で、ラッキーでうれしい。

Dscn4877

さらに登ると、木道で阿弥陀池に到着。

木道のわきには、ハクサンチドリが群生していた。

Dscn4878

阿弥陀池から、男岳へ登り20分。

Dscn4884

左奥が、男岳山頂、1623m。

結構険しく、ガレバもあり、細い道を、ゆっくり登った。

こんな険しい斜面にも、一面に咲きみだれるニッコウキスゲ。

Dscn4890

山頂には、鳥居があり、田沢湖が眼下にど~んと広がっていて、素晴らしい風景に感動。

Dscn4893

そして、トンボの大群が、山の上を気持ちよさそうに飛び回っていた。

涼しい山で飛び回るトンボたち、仲良く鳥居で休憩中をパチリ!

素晴らしい秋田駒ケ岳、夏登山の楽しみが満載だった。

秋田駒ケ岳、初級レベル、歩行時間約4時間で8合目へ、(休憩入れて5時間だった)

 

下山後は、ふもとの乳頭温泉へ、日帰り入浴。

懐かしい湯治場の風情の秘湯、黒湯へ。

乳白色の温泉で、疲れも吹っ飛ぶ~。

 

秋田駒ケ岳、花を見ながら登り、山頂からはぐるっと展望があり、トンボに励まされ、

良い山でした(^^♪

不安だった膝も大丈夫で、一安心(^^♪

 

 

| | コメント (2)

2019年7月18日 (木)

毎日、撫でてます。

Dscn4849

雨天続きで、まったりお昼寝のゆずちゃん。

毎日、ミイかあちゃんも、ミイ父ちゃんも、撫でて、可愛がっていますよ。

フワフワ、柔らかいあったかい、ゆずを撫でると、ほんわか癒されるわ^♪

Dscn4819_20190718143201

もう一つ、私が毎日撫でるものは、こちら。

北海道で買ってきたダチョウの卵の殻500円。

ゆずと、ダチョウの卵の殻の比較写真、卵は意外と大きいでしょう?

Dscn4851

ダチョウの卵の殻は、現在、玄関の下駄箱の上のパワースポットになってます。

紫座布団で大事にされ、転がらないように、両側にガードのグリーンを置いて、鎮座。

 

ダチョウの卵は、陶器のようなしっかりして厚み、つるんとして、ひやっとして、撫でるだけでご利益がありそうな?!

Dscn4853

ほら、裏には穴が開いていて、ダチョウの卵の殻でしょう。

中身は、どら焼き材料になったみたい。

最初は、上半分を割り壊して、サボテンを植えるつもりだったけど、もったいなくて壊せません。

(今日も一日、良い日になりますように、いってきま~す、)

     ダチョウの卵を撫でっ!

(今日もがんばった、ただいま~)

    ダチョウの卵を撫でっ!

つるんと撫でると、ダチョウの元気がみなぎる(笑)

 

自分で作ったパワースポットで~~す。

フワフワのゆずちゃん撫でての優しい気持ちと、

つるんと冷っと卵撫での元気と、今日も一日良い感じ(^^♪

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年7月15日 (月)

豊作のびわ。

Dscn4820

今年の我が家のビワは大豊作!!

この収穫で、おそらく6㎏位あったかも。

たった1本の木で、各枝の先に、たわわに実をつけて、熟していた~。

野鳥は大喜びで、早朝から食べに来ているし、野鳥同士で縄張りの声でうるさいくらい。

Dscn4821 去年は、全く収穫無し。

実のなる木の隔年伝説は、正しいわ。

Dscn4822

アップが遅れたけれど、収穫は6月の末で、実の数は多いけれど、小ぶりで、卵よりかなり小さい。

こんな小さなビワで、しかも種は大きいし、食べるところは、あまりないのよね~。

Dscn4838

小ぶりのビワたちでつくった、ビワ酒。

皮付きのまま、洗って、水気を拭いて、氷砂糖と交互に入れて、ホワイトリカーを注ぐだけ。

ビワ1kg 氷砂糖300g~500g  ホワイトリカー900ml

もう、大きなビンは梅酒で使ってしまい、寄せ集めのビンたち。

1年後が楽しみ楽しみ(*´▽`*)

あま~~くて、フルーティなビワ酒ができることでしょう(*´▽`*)

 

 

 

| | コメント (3)

2019年7月 9日 (火)

梅酒の季節。

Dscn4686

アップがちょっと遅くなったけど、 6月に梅酒を作った記事を。

毎年の恒例行事、だよ。

梅は、詰め放題400円で買ったもの。

帰宅して計ったら、なんと梅は1.5kgもあった(*´▽`*)

Dscn4689

まずは、梅を洗って、ヘタを取りながら、水気を一個づつ拭く。

そして、 梅にフォークでブスブス穴をあけて、早めの梅エキス梅酒バージョン。

氷砂糖と、梅と交互に瓶に入れて、完成。

Dscn4693

Dscn4694

梅、750g

氷砂糖 500g

ホワイトリカー約900ml

日にちも書いて、床下収納庫へ、置くだけ。

一年後が楽しみ~~。

みな様、今年の梅酒はもう漬け込みましたか?

 

| | コメント (4)

2019年7月 6日 (土)

北海道旅行~③美味しい物!

Dscn4704 二泊三日の北海道、道東だけだったが、美味しいものをたくさん食べたよ。

まずは、(味噌ラーメン)

千歳空港からニセコに向かうとちゅうの支笏湖畔で食べた味噌ラーメンは、海鮮ダシの味噌ラーメン!

エビとホタテとコーンとチャーシューのっけ。

私のイメージの味とは、全く違う海鮮味噌ラーメン900円。

んまかったぁ~~(*´▽`*)

Dscn4773 初日夕食は、(ジンギスカン)。

ニセコで有名なジンギスカン焼肉のロフト倶楽部、予約必須です。

Dscn4772 ジンギスカン肉は、クセも臭みもなく、柔らかくて、うんまぁ~い。

特別に契約の羊農場があるのだとか。

ビールが進む(*´▽`*)しあわせ~~。

Dscn4812 ホテルは朝食だけついたプランだったので、夕食は外食。

二日目は、近くの居酒屋さんと和食レストランを足した、落ち着いたお店へ。

ホッケ焼き、味が濃くて、さすが北海道の魚はちがう。

ラーメンサラダ、北海道民の人気メニュだそうな。

ゴマドレッシングであえたサラダは、チョイ腹持ちよく、〆にぴったり。

などなど、居酒屋さんは、お手軽に北海道人気メニューが食べられるね(*´▽`*)

Dscn4802 ニッカウヰスキー余市工場の試飲も、とっても美味しかった。

シングルモルト・スーパーニッカ・アップルワインの3種類が試飲でき、氷と炭酸水とお水が、自由に持ってこれる。

無料で、自分の好みで、ハイボールやロックやストレートで試飲できるって、素敵!

自販機では、おつまみも売られていた。

今までは、ウイスキーは興味なかったけれど、試飲して、ウイスキーの香りと味は美味しい♪と思った。

北海道は、海鮮も、山のものも、ウイスキーもワインも、あ、サッポロビールもあるね。

美味しいものが、たくさん。

スープカレーと、お寿司は、今回はチャンスがなかったので、またいつかね。

ミイ姉ちゃんも、元気に楽しそうに仕事していて、安心だぁ。

本州は梅雨でジメジメなのに、北海道は、梅雨時期が無いのが、とってもいいね(*´▽`*)

 

      ・・どんどはれ(おしまい)

 

 

| | コメント (2)

2019年7月 2日 (火)

北海道旅行~②積丹半島とうに丼。

Dscn4778 北海道の二日目は、積丹半島にドライブ。

日本海につきでた積丹半島に向けて、ニセコから約2時間。

走る道からは、青い海と水平線すら見えて、運転が楽しい!

積丹ドライブのハイライト、神威岬に到着。

駐車場が無料でうれしい。

駐車場から、遊歩道が片道20分位で、岬の先まで続いていて、それなりに急なので、スニーカーで良かった。

両側に、積丹ブルーの海を眺めながら、狭い遊歩道を登る。

Dscn4783 岬の先に、白い灯台が見える。

ラッキーなことに、快晴だったので、ハイキングが楽しい♪

積丹ブルーもどこまでも続く。ワンダホー!!

Dscn4787 神威岬の(カムイミサキ)の突端からは、こんな奇岩が見えたのだ。

岩盤の上にそそり立つ奇岩が、神威岩だそうな。

岬にも、すれ違う観光客も、中国人・観光客の多かったこと。

Dscn4788 海抜78mの岬から、海面を見ても、海底の石が見えるくらい透きとおていた。

念願の積丹ブルーの海が見られて、本当に感激!

Dscn4800 そして、積丹半島では、6月から8月がウニ漁のシーズン。

お食事処(みさき)につき、駐車場もほぼ満車、火曜なのに、ほぼ満員のお客さんたち。

うに丼、いやあ~本当に美味しかった!

Dscn4799 生臭さも全くなく、濃厚なうにが口いっぱいに広がった~(*´▽`*)

うに丼と味噌汁と沢庵というシンプルな、真っ向からのウニドンで勝負、2800円。

待ち時間ほぼなし、座るとすぐに提供というサービスの良さ。

ばふんうに丼は限定10食とのことで、すでに売り切れだった。

楽しい美味しい北海道~

つづく・・

 

 

 

 

| | コメント (2)

«北海道旅行~①ダチョウ牧場